中山店内の隅でグルグルと回る。

こんにちわ。きよの子です。

不動産広告(新聞折り込みチラシ)の作成中――

朝日土地建物株式会社 中山支店が中山駅の北口にあるのか南口にあるのか、はたまた東や北口があるのかが分からなくなり、 「Googleマップ」にて、調べることにしました。

この「Googleマップ」の機能のひとつに、地図内から周囲の街並みが見られる「ストリートビュー」というものがあります。

※見られないところもありますが

地図内に下りたい場合、Googleマップ内に用意されている、人間の形のアイコンを地図にポトリ~ン♪と投下します。

すると視点が変わって、あら不思議。

自分が、まるでその街中を歩いているかのような映像がパソコンの画面に映ります。

余談ですけれども、過去に公園・動物園内の道に入ってみたこともあります。

話を戻しまして。

「Googleマップ」中山駅を表示させまして、中山支店は北口側にあることを突きとめました。

せっかくなので「ストリートビュー」で店先の道路店舗の外装を見ようと思い、人間の形のアイコンを地図にポトリ~ン♪♪♪

▼そしてココに降り立ちました

なんじゃこりゃ?!

目の前に浮かぶ奇妙な形のアルファベット。中山店の外装はなく、のぼり旗とバスの姿。

視点を左右に動かすと文字が揺れて、めまいが少々~~ぐるぐる~~めまいが~~ぐるぐる~~と、して、やっとこ気付きました。

まさか、店内?!

Googleマップで降りられるのは道だけだと思っていたので、ビックリ!

ならば前方に進めば店内から路上に出られるだろう思い、マウスのクリックを押す。

何も起こらなかった。。。

逆さアルファベット地獄から抜け出そうと、右に行こうと視点を変えてみたり、少し乱暴にマウスのクリックを連打してみたり……

でも、そこから動けない。まるですぽっとハマってしまったかのようでした。

そんなこんなで、しばらく同じところでぐるぐるしていた、きよの子。目が回ってグラグラ。

同僚の声

「ストリートビューやめればいいじゃん」

!!!!!

こうして神の声(同僚の声)に、助けられた私は、無事に中山店の隅っこ(の地図)から抜け出すことができました。

方向音痴の、きよの子。まさかGoogleマップ内でも迷子になるとは思いませんでした。

いやはや地図の中での出来事でよかったです。現実に中山店のガラスケースの隅っこで私がグルグルと回っていたらば……正気の沙汰じゃないと判断されたことでしょう。本当に地図の中でよかった。

そんなことがありました。ちゃんちゃん。