訓読み、カナ読み。

こんにちわ、きよの子です。

文字校正をしていると、突拍子もない誤字脱字・造語に出会うことがあります。 チラシ作成に関連した、そんな裏話を少々……っと『裏話のネタにしようとした』画像があります。

▼こちらの画像

するりと読んでいました。赤道。

赤 道 ( せ き ど う )

あれ?

赤道って何だっけ?

黄道……いやいや、公道じゃなくて、赤道。太陽が通るところが……んっ?!
思考の迷路に落っこちて、判断がつかなくなった、きよの子です。
あれれれれ。。。

――下記、正解集。

赤道(せきどう)は、
地球の中心を通り、地軸に直角な平面と地表との交線。

赤道(あかみち)は、
古くから道路として利用された土地のうち、道路法の道路の敷地とされずにそのまま残った土地。
※不動産用語:(株)不動産流通研究所「R.E.words」不動産用語集より、一部抜粋

黄道(こうどう)は、
天球上における、太陽の見かけ上の通り道(大円)をいう。

今回の「赤道」は、誤字脱字・造語でもなんでもなく、立派な「不動産用語」でございました。
きよの子が勝手に読み間違えて、ひとりでオロオロしただけという。。。

訓読み、カナ読み……どうして、こうも日本語は難しいのだろう。
そんな裏話でした。