お正月号チラシができるまで ~その5~

2019年1月4日~6日に新聞折り込みをした、

お正月号(D2サイズ広告)ができるまでを何回かに分けてお話しします。

今回は連載5回目!「うら面作成1:コマというもののご紹介」です。

▲お正月号は(大雑把に)上記のスケジュールで進行しました

***

業務中に、きよの子が『コマ』と呼ぶもの――

チラシに載せた物件の、最小単位だと思っています。四コマ漫画の『コマ』のように。

ただ、これはアサヒクリエイション内での呼び方なので、会社によっては違う呼び方をしているかもしれません。

そんな『コマ』の、種類をざっくりとご紹介。

コマは、大きく「現販コマ」「素材コマ」とに分けています。

「現販コマ」

現地販売会・現地件学会を行う物件のコマ。

間取図・区画図・写真・パースなどの素材。さらに、物件までの地図も載せる場合が多い。

「素材コマ」

現地販売会・現地件学会を行わない物件のコマ。

間取図・区画図・写真・パースなどの素材を載せる。

※素材を使わず、物件の概要のみ記したコマのことは「文字コマ」と呼んでいます。

▼横浜支店。お正月号、うら面。

「現販コマ」「素材コマ」は、このような割合。

コマの総数や、「現販コマ」「素材コマ」の割合などは、紙面のサイズ・店舗によってことなります。

次回予告!「うら面作成:2」

算数の苦手な、きよの子。うら面のコマや素材作成にかかる時間を数値化してみます!!

*バックナンバー*

1月10日投稿『お正月号チラシができるまで1』

1月11日投稿『お正月号チラシができるまで2』

1月14日投稿『お正月号チラシができるまで3』

1月18日投稿『お正月号チラシができるまで4』

☆関連リンク(別窓が開きます)☆

朝日土地建物グループサイト