お正月号チラシができるまで ~その10~

2019年1月4日~6日に新聞折り込みをした、

お正月号(D2サイズ広告)ができるまでを何回かに分けてお話しします。

今回は連載10回目!「うら面作成6:月曜日にすること」です。

▲お正月号は(大雑把に)上記スケジュールで進行しました

***

月曜日は、でやったことの縮小版を、

1日で繰り返し・完結します!

金曜日にやること

・各店舗より、チラシに掲載する物件の原稿が届く

・原稿の素材をチェックをする・新規作成の素材を依頼する(校正担当者)

・依頼していた素材の納品チェック・校正・修正、使用するデザイナーに渡す

・コマの作成開始(デザイナー)

土曜日・日曜日にやること

・各店舗より、チラシに掲載する物件の原稿が届く(金曜日に来なかった分)

・原稿の素材をチェックをする・新規作成の素材を依頼する(校正担当者)

・依頼していた素材の納品チェック・校正・修正、使用するデザイナーに渡す

・デザイナーが作成したコマを校正する(校正担当者)

・校正されたコマを修正する(デザイナー)

・すべてのコマの校正・修正が終わったら担当店舗にデータを送る(デザイナー)

▼そうして完成した、チラシのうら面(初稿)

――がっ!!

1晩(または2晩)で、消え去ります

店舗から、ご成約済みの物件の掲載中止、新たに売買仲介を頼まれた物件の掲載、価格の返答、分譲住宅の現在の販売数の変更……などなどの変更が来ます。

それが月曜日の業務の、ひとつです。

きよの子たちは「差替」が来た、差替原稿が来た、という感じに言っております。

初稿から物件が差替えられるから――はい、単純な呼び名です(分かりやすいことが一番だと思う)

▼物件の差替・変更のイメージ図

私達は社内カレンダーにて休日を取っていますけれども、世間では、土日休み(暦通りの休み)で休日を取る人が多いのではないのでしょうか。

休みの日にマイホーム探しをしよう、引っ越しの準備をしよう、相続した土地を売ろう、などなど。

一戸建・マンション・土地等、不動産の市況が活発になる曜日でもあります。

土日を経て、月曜日。

チラシに載せようとしていた物件に価格変更等の「差替」をするのは必須と思っています。

新しい情報を消費者にお送りすること。ご成約済みとなり販売が不可能な物件を載せていることは、規約違反にもなります(不動産広告の実務と規制12訂版より)

月曜日にやること

★各店舗に確認してもらっていた「初稿」段階のチラシに「差替」をすること

(各店舗より、差替えの原稿が来る)

・原稿の素材をチェックをする(校正担当者)

・差替分のコマを作成・紙面を最新のものにする

・コマを校正&コマを修正する

★差替業務が終わったら、各店舗にデータを送る

★紙面を確認した店舗よりOK(校了)をもらう

星マーク(★)を付けたところが月曜日独特の業務ですけれども、それ以外は金・土・日で行ってきたことと同じ……縮小版というわけです。

※差替の数は、初稿の数より少ないので、縮小版。

まれに「全コマ差替」という指示がくることがあります。

全部を最初からやり直すことになるので、制作側としては泣きたくなる月曜日になります(残業確定)

そんなこんなを乗り越えて――

「店舗よりOK(校了)をもらう」ことができたらば、月曜日の業務は終了。火曜日に続きます。

次回予告!

「うら面作成7:尻に火が付く火曜日」

終わりよければ、すべてよし。


*お正月チラシができるまで 全12回*

1月10日投稿『お正月号チラシができるまで1』

1月11日投稿『お正月号チラシができるまで2』

1月14日投稿『お正月号チラシができるまで3』

1月18日投稿『お正月号チラシができるまで4』

1月26日投稿『お正月号チラシができるまで5』

1月28日投稿『お正月号チラシができるまで6』

2月4日投稿『お正月号チラシができるまで7』

2月8日投稿『お正月号チラシができるまで8』

2月11日投稿『お正月号チラシができるまで9』

2月16日投稿『お正月号チラシができるまで10』

2月19日投稿『お正月号チラシができるまで11』

2月22日投稿『お正月号チラシができるまで12』

☆関連リンク(別窓が開きます)☆

朝日土地建物グループサイト