川越de御朱印めぐり②

こんにちわ、きよの子です。

3月23日(土)川越に観光に行きました。

食べ歩きの《師匠》が現在、ハマっている「御朱印」集めに同行です。

【今回のルート】

スタート:西武線「本川越」駅

喜多院(慈恵堂)←ここに注目:A

成田山川越別院

時の鐘

川越氷川神社←ここに注目:B

三芳野神社

喜多院(慈恵堂)←ここに注目:A

日枝神社

川越氷川神社←ここに注目:B

ゴール:西武線「本川越」駅

はい!途中で同じところに行っています。

地図に強い《師匠》が珍しく迷ったのですね~~

ちなみに、きよの子は方向音痴なので、先導させたらもっと迷子になっていたことでしょう。

▼喜多院(慈恵堂)

「川越大師」として親しまれる寺院。

訪れたとき、枝垂桜が満開でした。曇り空なのが、ちょっと残念。

▼成田山川越別院

「別院」というものの存在を初めて知ることに。

物事に無知すぎる(反省)。

▼時の鐘

肝心の鐘が、よく見えない……と、今、気付く。なんで取り直さなかったのだ、過去の私(反省)

観光客が、いっぱい。

「ブームらしいよ、川越」と《師匠》に聞いてはいたのですけれども、予想以上。

▼住宅地に建てられた看板

観光地と住宅地の距離感が近い。

▼川越氷川神社

おみくじが入った鯛を釣りあげました(1回300円)

恋愛のおみくじの籠には、桃色と白色の鯛がいました。かわゆい。

▼三芳野神社の案内看板

痛恨!

改装したてなのか、つるつるピカピカだった本殿の写真を撮り忘れました。

三芳野神社にて御朱印をいただこうと思ったのですが――巫女さんや神主さんの姿がなく。社務所と思われる建物は戸が閉められていました。

そこに張り紙が

『三芳野神社の御朱印は氷川神社にて取り扱っております』

!?!?

こういうことって

あるんだ~~

そうして氷川神社に戻ることに。

しかし、ここから《師匠》の迷走が……もとい、勘違いした《師匠》が到着したのは喜多院(慈恵堂)でした。うっかり。

▼日枝神社

朝と違う喜多院の出入り口を使ったら、視界に日枝神社。周り忘れるところでした。

怪我の功名もとい、うっかりの巧名。

もう一度、氷川神社に訪れ「三芳野神社の御朱印」を書いていただき、帰路につきました。

出不精、きよの子にしては、よく歩いた1日でした。

今回の川越散策で、ようやく私の御朱印帳は1冊目が終わりました。わーい☆