川越de美味めぐり

こんにちわ、きよの子です。

3月23日(土)川越に観光に行きました。
食べ歩きの《師匠》が現在、ハマっている「御朱印」集めに同行。今回の記事は食べ歩きのお話です。

***

本川越駅に到着したのは11時近く。昼食を取るには早いし、けれど小腹が空いてくる時間。

まずは『かつおぶし中市本店』にてテレビ番組でも紹介された(と、店頭に張り紙がありました)焼きおにぎりを購入することに。数量限定なので、なくならないうちに。


▲ひとつひとつ焼き焼き

▼ねこまんま焼きおにぎり購入

「かつおぶし味」「いわし味」の2種類。
どちらも1個220円。

きよの子も《師匠》も「かつおぶし味」を購入。
別々のものを買って食べ比べする――という賢さは2人にはありませんでした(後悔)

もりもりの、かつお節は香りがよく、また味も濃い。かつお節だけをモグモグしていました。おにぎりがなくても、かつお節だけでイケる!
ちなみに……焼きおにぎりは、もう少し醤油が染みていたら私好みでございました。濃口が好き。

▼行列を発見

小川菊(おがきく)という名前のうなぎ屋さん。

《師匠》の勘により、昼食がここに決定。
「建物が真新しくない、老舗っぽい、待っている人の年齢が高い、地元の人もいる」から、入らなければよかった(後悔!)って、ことにはならないとのこと。

どんな経験則だろう^^;


▲うな重、肝吸い、漬物

「特」を、頼む勇気(&金銭的余裕)はなく「重」


身が薄いように見えましたけれども、細身ながらもしっかりと脂がのっていて、噛めばふわり、とろり。
うなぎの身もタレも香ばしい。

つ、つつ、次は「特」に挑戦してみたいです。とはいえ、私の胃袋は「重」で満腹でした。


▲ウサギがドーン!

『道灌』という和菓子屋さんの店先にいました。 通り過ぎてから、思わず振り返って二度見。きよの子の身長ぐらいはある、大きなウサギさんです。

「道灌まんじゅう」を仕事場へのお土産に購入しました。

玄米粉を使用している「道灌まんじゅう」は、食べると玄米茶のような香りが。中のつぶ餡は、香りを邪魔してしまわない、甘さ控えめのいい感じです。
※ちなみに、食べる前に写真を撮り忘れてしまいました^^;スミマセン…


夕食前に『ききざけ処 昭和蔵』にて、軽く利き酒を。

500円をメダル4枚に換金。地酒が出る“のみくらべマシン”にお猪口をセット。メダル1枚で1杯分が注がれます。
おつまみ等もメダルと交換できます。


▲飾られた一升瓶

先にお代を支払っている・自販機形式という気軽さか……少々、飲みすぎてしまいそうに。
深酒してしまう前に『ききざけ処 昭和蔵』をあとにしました。ひっく。

***

小江戸の街並み、お芋、お茶、駄菓子、うなぎ、などなど――きよの子の知らない川越を発見しました。

アサヒクリエイションの事務所の最寄、JR町田駅からですと、

JR横浜線「町田」駅から「八王子」駅→八高線「高麗川」駅→川越線「川越」駅
1~2回の乗換えで行けます。

そう遠すぎる場所ではないので、機会がありましたら、川越観光はオススメです^^